2012年06月07日

異文化に暮らす子どもたち (海外子育て)

前回は、思考を止めることなく、またみんなの意見に同調するだけでなく、自分達でもそれを幾度となく検証し、考えていかなくてはいけないという趣旨のことを書いた。人は往々にして、一般常識やら学校で学んだことがあるものだから、それをさらに深めて考えてみるということをあまり経験していないように思う。

特に、記憶に重きを置く日本の教育では、伝えられたことを信じ、それを改めて検証する時間は乏しく、その根拠まで深く掘り下げていくという作業をあまりしてきていない気がする。もちろん、偉い学者さん方はその作業を日常的にやっておられると思うが、こと一般大衆に至っては、メディアで伝えられていることを盲目的に知識として吸収してしまっているという怖さがあるように思う。

さて、僕がどうしてこんなことを言っているかというと、先日とある本に出会い、その内容に衝撃を受け、なんとなく伝え聞いていたことが事実ではないということを知ったからだ。その本は、これである。

異文化に暮らす子どもたち―ことばと心をはぐくむ − 早津 邑子 (著)
異文化に暮らす子どもたち―ことばと心をはぐくむ [単行本] / 早津 邑子 (著); 内田 伸子 (監修); 金子書房 (刊)

大方の人がそう思っているように、僕自身も、外国語の習得は早ければ早いほどよい、幼少時に外国に暮らしている子供たちは、自然とバイリンガルに育っていくと思っていた。しかし、この本は、アメリカ・ニューヨークで「こどものくに幼稚園」を創立された早津先生がその外国での幼児教育30年をとおして、見てきてまた研究されてきたことを通じてそうとは言い切れない、いや更にはもっと大きな弊害が発生する恐れがあることを警告している。

早津先生曰く、幼児期は言葉を学ぶ時期でもなければ、知識を習得する時期でもない。人が社会で生きていくために必要不可欠な、人格形成の時期であって、知的、精神的発達において一生を左右する基本的な発育の時期である、と。家庭で日本語、外の環境で外国語では、十分な発育が望めないと警告している。集団の中でのしつけやリーダーシップなど、言葉の先にあるものが育たないのである。

また、単に外国語習得の観点から見ても、外国語に触れるのが早ければ早いほどよいというわけではないようである。一つの例として、外国に暮らす小学生の子供を比較しておられた。外国に住んでいる幼児(日本人)が、一人は現地の幼稚園(英語)に通い、もう片方は日本人幼稚園(日本語)に通う。幼稚園の後の小学校は、二人とも現地の学校(英語)に通う。これは、早津先生が「こどものくに幼稚園」を立ち上げた時には、日本人小学校がなかったため、仕方がなかった事実である。

私もそう思ったが、一般的には、幼稚園を英語の環境で行った子の方が、日本語の幼稚園に行った子よりも適応力は高く、問題なく現地の小学校に通えるのでは、と思うはずである。確かに初期の段階では、そうらしいのだが、そんなに時期を待つことなく、日本人幼稚園に行っていた子の方が、英語力が他方よりも優れるらしい。この理由は、頭の中でこれは日本語、これは英語というふうに分けることができ、外国語が耳に入ってきたときには集中して意味を分かろうとして、より深く認識できることに起因するようだ。

英語の幼稚園に通っていた子は、日常的に、分からない言葉が飛び交うので、特に注意して耳を傾けることができなく、元々その分別さえもできない。分からないことを何度聞いてもやはりわからないのである。なぜなら、その基準となる日本語が育っていないのだから、頭の中で変換することもできない。

私自身この事実をなんとなく認識していた。第一言語の確立なくして、第二言語の習得はありえない、と。ただ、それでもいったいいつの時期がいいのか、なぜ早ければ早いほどいいという一般的な考え方がこれほど世間に広がっているのかが分からなかった。

やはり英語を苦手だと認識している日本人が多いこと、また英語はこれからの世の中をよりよく生きていくために必須の道具だという意識が脳裏に刷り込まれているからだ。たしかに、私のような仕事をしていると、語学力は財産である。しかし、それを学ぶ時期は注意が必要だ。早津先生は、しっかりと人格形成を行い、その後の教育を滞りなくおくるためにも、せめて小学校の低学年までは、母国語一貫の教育をした方が良い結果が出ると言っている。

こどもを持つわが身、外国暮らしの我が家族、みんなを守るためにも、世間にやみくもに流れている話を盲目的に信じることなく、根拠を持って考えていかなくてはいけないと再認識した。外国暮らしの家族を持っているもしくは将来持つ方、また将来外国で暮らしたいと思っている方には、この本はなかなか興味深い事柄を扱っている良書だと思います。
posted by atsushi at 22:56| Comment(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。