2012年08月10日

オリンピック観戦から思うところ

我ながら物事を継続することの難しさを身に染みて感じている今日この頃。ブログの更新や今やってる第二言語の習得、継続させるためには強い意志の力が必要だ。物事を継続できる強い意志さえあれば、この世にあるほとんどのことができると僕は信じている。できないときは、それを自分で諦めるからであって、努力して継続すれば何らかの結果が出ると思っている。

往々にして、人は都合のよい言い訳を見付け自分自身を納得させるのだと思う。とは言っても、生まれ持った才能や体格で結果の決まってしまうものの存在を否定するつもりはないし、そうやって自分で理由付けをして止めることも人生におけるひとつの選択肢だと思う。努力だけじゃなく、周りのどうにもならない環境も影響するわけだろうし、継続させてもらえる環境もありがたいものだと思う。

現在ロンドン・オリンピックが行われている。ここローマではロンドンとはほぼ時差が無いため、日本の方々のように、深夜まで起きていたり早朝に起きたりする必要は無く、毎日日本人選手をテレビにかじりついて応援している。オリンピックでの結果はどうあれ、ここまで辿り着いた選手一人一人、並み並み成らぬ努力を何年にも渡って継続された方たちである。喜びの涙、悔しさの涙、そんな涙を流せられるのはそれだけの思いと努力を積み重ねたからだ。

彼らのそんな素晴らしい輝きを、テレビ越しに見ても、感動のあまりつられて涙が出て、また同時に羨ましく思う。自分は、これまでの人生でこれほどまでに何かに打ち込んだものはあるのだろうかと自己反省し、自分の意志薄弱さを悔いてしまう。そして、いつも学生時代にしていたサッカーを振り返る。もっとできたんじゃないか、自分で止めることを決めてしまったのではないか、と。

スポーツには勝ち負けがつきもので、それゆえの勝者の栄光がある。でも、負けた人たちにも言ってやりたい、僕は君たちも羨ましい、と。何かに本気で取り組まない限り、涙など流せない。

話は少し変わるが、オリンピックにおいて選手たちはそれぞれ自分の国、国旗を背に戦い、勝利後国旗をはためかせ喜びを身体全体で表現している。現在の世の中は、移民政策などを経ていろいろな人種が各地に移動している。フランスやイギリス、アメリカの国旗を持った黒人、アジア人の顔がある。日本選手団にはそんな多様性はないが、西欧諸国は人種の坩堝だ。

同じような人種の3カ国の選手が表彰台に上がる場面を何度か見たが、もともとはそれぞれ同じ国の出身ではないのかと思ってしまった。自分や親の世代が異国に移民しただけではないか、と。特にそれが顕著なのが、アフリカ系黒人が強い陸上競技である。短距離長距離関係なく、同じような顔をした選手と違う国旗が並ぶ。

国際化ってこういうところにも出てくるのだろう。ナショナリズムの高揚と同時に国境という垣根の流動性が融合されている。

日本人女子のレスリングには感動しました。素晴らしい闘志を見せて頂き、感謝です。
posted by atsushi at 23:13| Comment(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。