2010年02月22日

日本を思う

僕は、結構前からiPodでボッドキャストをダウンロードして、いろいろな話題を聞くようにしています。特に、料理を作っているときなんかは、ポッドキャストを聞くには最高の時で、日本の情報をそういった時間で吸収しています。

好きな番組の一つに「大竹まことのメインディッシュ」という番組があって、毎回いろんなゲストが出演しています。今回は、厚生労働大臣の永妻さんが出ていました。

今日調理中にそれを聞いていて、とても心配になりました。日本は大丈夫なんでしょうか。みんな幸せに生きているのでしょうか。日本の国だけで、1日に90人の方が自殺しているそうです。どうしてなんでしょう。

ここダルフール(世界で最も貧しい地域の一つ)では、おそらく自殺する人はいないような気がします。みんなが同じように貧しくて、もちろん暮らしはとても過酷だけど、自分で自分の命を絶つような人はいないような気がします。

日本の幸福度は、180カ国中90位だそうです。日本は、世界で2番目にGDPの高い国です。資源はあまりありませんが、教育水準はとても高く、よって識字率もほぼ100パーセントに近く、高度な技術と世界に誇れる知的能力でいろんな国から尊敬を勝ち取っている国です。しかし、内部はとても多くの負の空気を含んでいる気がします。

一体何が原因なのでしょう。

僕がこのように国際機関で働いている理由の一つは、この僕の仕事が世界人類のためになれば良い、そして日本に間接的にでも貢献出来れば良いと思っているからです。日本に仕事がないなら、外に出てください。もっとたくさんのチャンスがあるかもしれません。

僕が助けられることなら、いろいろ支援したいと思います。でも、その理由が、日本が嫌で海外に出たいというものなら、お断りしたいと思います。嫌ならどうにかして変えていきたいと思います。今も、そしてこれからもその変えていく方法を考えていきたいと思います。

ここダルフールの人は、僕にとても親切です。それは、みんな日本を尊敬しているからです。いつも、「オー、ジャパン、ナンバー1」と言われます。そして、他のヨーロッパの人も日本には行ってみたいと言っています。どうして、外国人が日本を好きで、日本人が日本を好きじゃないのでしょう。

政治の不透明さでしょうか。

日本の外交のまずさでしょうか。

古いしきたりや家族制度でしょうか。

それとも、褒めるよりもけなすことに重点を置く教育でしょうか。

マイナス面を見ればきりがありません。どんなものでも完璧はありません。常に向上させる余地は残っています。しかし、ちょっとは満足して、喜びあい、分かち合い、リラックスする心のゆとりが大切な気がします。あんまりにも頑張らなくても良いのではないでしょうか。ボチボチやっていければもっと世界は穏やかに回るような気がします。
posted by atsushi at 05:58| Comment(1) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あつしさんこんにちは。
ご無沙汰しています。

自殺問題・・よく聞かれるので私も疑問持った時期がありました。
いつもお世話になっているので今回は私がデータ提供失礼します。
あくまで参考までにお願いします。

@こちらは世界のデータの比較です。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html
A日本の自殺原因の分析です。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html

日本の傾向としては、比較的高齢者が健康、経済的要因で命を絶たれる場合が多いようです。

ちなみにフランスのNTT的存在のフランステレコムでは2008年以降、従業員の間で22人の自殺者と13人の自殺未遂者を出しいるそうです。過労の果ての自殺ではなく、マネジメントが原因だそうですよ。。

「国民の幸福度」って面白い調査ですね。今後マメにチェックしてみようと思いました。
祖父母世代は「平和な日本で幸せ」、父母世代は「豊かな日本で幸せ」と言っていますが、それ以降の世代はまた感覚が異なるかもしれませんね。
平和で豊かだからこそ新たな問題が出てきているのかもしれませんし。。
私も引き続き考えてみます。
Posted by 南仏 at 2010年02月26日 20:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。