2010年04月21日

事務所の改造

ここ数日、いかにすれば事務所を事務所らしい姿にできるかで頭はいっぱいです。ここの地元の人たちには、いったいどういうものが事務所のあるべき姿なのか、そして仕事とはどんなふうにすべきなのかというものが、いまひとつ分かっていません。

書類は、そこらじゅうに散らばっているし、ファイルにはまったく異なる書類が適当に入っていると思えば、違うファイルには同じような書類が2部も3部もあったりします。そして、パソコンのデスクトップには、やたらとショートカットがあるけど、実際に使っているのは一つだけとか、これはもう何かをやり始めれば、すべて変更する必要が出てきます。

しかし、その分やりがいはあると思います。すべてを変更することができるのです。そして、今よりももっと効率的に仕事ができる自信があります。そういうことを職員に伝達して、説得する自信もあるので、彼らの今後の仕事に対する取り組み方を教育していけるのです。これは、考えようによれば、とても幸運な位置にいるといえます。

今日はとりあえず、接客セットを職員に買いに行かせました。UNHAS事務所にはたくさんの来客があるというのに、カップも何もかも用意されていないのです。これでは、カスタマーサービスはできません。お茶のひとつも出して、茶菓子が出てくれば、クレームを出しに来たお客さんも静まるというものです。そして、和やかに帰ってくれるでしょう。

ちょっとした気配りが、とても大事なのはみんな分かっているのに、そういうことを怠ける人がとても多い気がします。あと、もう少しがんばるだけで、もっともっと良くなるのに、と残念に思うことが多々あります。なんでなのかなぁ、そのちょっとした努力が、後で自分の身を助けることになるのに。

今晩はゆっくり眠ることができます。昨日は、大変でした。ヘリコプターの会社の社長が今ラトビアから訪れていて、その彼の誕生日が昨日だったため、大きなパーティがあったのです。かなり飲みました。料理は、とてもおいしくて、ロシアをかなり感じたパーティでした。やっぱり彼らは、ウォッカを飲むのです。ウォッカってロシア語で水って意味らしいです。恐ろしい国だなぁ。

さて、今日は静かな夜でした。

posted by atsushi at 05:32| Comment(0) | 国連職員としての日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。