2010年04月25日

ひとりの生活

今晩はとても静かです。というのも、いつも一緒に暮らし一緒に仕事をしている同僚が、今朝からいないからです。今朝の9時発のヘリコプターに乗り、1時間かけて、北ダルフールの首都エル・ファシールに行ってしまいました。

自転車操業のUNHASは現在危機的な人材不足に陥っていて、どの支部もギリギリの人数でまわしています。特に国際職員は危険で、本来ならどの支部にも2人は必要なのですが、西ダルフールのジェニーナは一人、そしてここニアラも僕一人、エル・ファシールもあと1週間後には、僕の同僚が一人で運営することになります。

エル・ファシールの人材難は、一人退職する人がでたのが原因です。その人は、この周辺では唯一の女性の航空管理官です。しかし、以前から言っているように、このUNHASはコンサルタントで回していて、彼女は正規職員になると約束されていました。しかし、組織の財政状況、政治の動向さまざまな理由で、ずっと有耶無耶にされたまま働かされていました。それに、嫌気がさしたようです。

国連組織は、決して公平に努力が評価されるような場所ではありません。僕は、まだ国連機関在籍半年にも満たないですが、数多くの人が去っていき、嫉妬と妬みが渦巻いています。まぁ、どこの職場も同じようなもんか、そう、ここ国連はどこにでもある普通の組織なのです。

だから、社会的常識があれば、まぁやっていけると思います。どんな崇高な仕事でも、小さな雑務の積み重ねのような気がします。そういうことを怠らず、細かいながらも、続けていければ結果は大きなものとして自然と現れてくるものだと思います。

とにかく、久しぶりに静かな夜ってのもいいものです。周りは電気がないので、真っ暗ですが、この住まいは階下に発電機があるので、いつでもエアコンが使えるし、明かりが点せます。

一人で業務をまわすのはとても疲れることですが、すべての情報が自分に集中するので、管理がしやすいという利点もあります。そして、同僚に僕のビールを飲まれないという小さな利点もあります。ただ彼のワインは飲めなくなりました。ここはイスラム圏ですが、どういう訳だかお酒があります。

明日もまた忙しい日になりそうです。今日は早めに休んで、また明日もがんばります。
posted by atsushi at 04:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。麻こと申します。
実はここ数カ月ずっと覗かせていただいていました。私はまだ高校生なのですが、国連での仕事というものに興味を持って調べていたら、あつしさんのブログにたどり着きました。調べ始めたのはいいものの、国連の実際の様子が分かるサイトがと少なく不安に思っていましたが、あつしさんのブログを読んで、国連も普通の場所なのだなぁ、と少し安心しました。
とても忙しく、大変だとは思いますが、お体に気をつけて頑張ってください。更新を楽しみにまっています。
Posted by 麻こ at 2010年04月28日 22:08
麻こさん、コメントどうもありがとう。そして、国連に興味を持っているのですね、何か聞きたいことがあれば、どんなことでも聞いてください。

忙しくなると、答えるのに時間がかかるかもしれないけど、しっかり返事はしますので。

そうですよ、国連も別に普通の職場です。やっぱり働いている人は、普通の人間なのです。だからね、人間というものの性質を理解していると、どこでもやっていけると思います。

ではでは
Posted by あつし at 2010年04月29日 05:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。