2011年07月06日

被災地への政府対応のまずさ

先日、復興担当大臣に就任した民主党の松本龍氏、わずか9日間という短期間で、辞任に追い込まれた。

僕は、今大阪に戻ってきている。被災地での活動、東京事務所での事務処理を終え、スーダンへと戻る前の数日間の休暇を、ここ地元の大阪で過ごしている。仕事から離れたといえ、すぐに頭の中を空っぽに、休暇を満喫できるわけではない。

いろいろなことのあった3か月間を振り返ったり、今後の仕事のことを考えたり、頭の中は常に仕事で埋め尽くされている。そんな中、このニュースがテレビや新聞で、注目を浴びている。

松本氏が辞任する直前の被災地訪問の様子をテレビで見たが、あの態度と考え方に驚き、そして怒りを覚え、非常に残念な気分になった。

僕は、自治体の職員ではないので、どのように各市町村が国と日々やり取りしていたのかは知る由もない。ただ、すくなくとも、彼らは彼らなりに精一杯活動していた。松本氏の発言が暗に示したように、国が提供者で、市町村民が口を開けて待っているという100%受け身の体制であったことはない。

岩手県の被災地で、様々な人と活動を共にしてきて、それだけは断言できる。彼らの持てる知恵と行動力を結集して、多くの人を支援していたと理解している。そんな自治体一人一人の活動を見て、誇らしく思い、そして日本人の素晴らしさを実感していた。

政府民主党は、あまりに浮世離れしている。松本氏は、もしかするとものすごく優秀な方かも知れない。しかし、人がともに協力して働いている「組織」という仕組みでは、他人に対する尊敬の念と、謙虚な気持ちが必要である。あれでは、反発は免れず、うまくいくものもうまくいかない。

日本の政治家が皆、あれほどの空気読めない感を持っているとは思いたくないが、あまりに残念な人だった。そして、そんなことが公共の電波に流れ、またもや政治への不信感を募らせてしまう。

政治のしていることは、そんなに難しいことなのだろうか。一般人の知識では、とても解けないことに立ち向かっているのであろうか。

今回は、スーダンに戻る前に、新聞社が提供するデジタル新聞への登録をしておいた。日本を離れても、常に日本の情報を獲得できるような状態にしておこうと思ったからだ。今は、ネットで大抵の情報は獲得できるが、新聞を読むことにより、上辺だけの情報でなく、よりよく今後の日本の動向を見ていきたいと思う。

震災をきっかけに始まった日本での活動。自称「国際人」として、アフリカの土地で活動していても、母国とは切っても切れない関係である。今後とも、母国音痴に陥ることなく、しっかりとした情報に触れ、常に考えをもっていかなくてはならない。

ありゃ、少し硬くなってしまったが、本当、民主党さん、もう少し頑張ってくださいよ。まぁ、もう先は長くないのかもしれませんが。

スーダン出発まで、残り4日。
posted by atsushi at 17:04| Comment(2) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、南スーダンが独立したとのニュースを見ました。彼の地の方々は「新しい国を作る」という夢に燃えていることでしょう。
ひるがえって日本では・・・

ま、日本人を信じて一社会人として頑張りたいと思います。

残りの日本での休暇を満喫して下さい。
旅の無事と、赴任地の希望がかなう事を心から祈っています。

ぼんぼやーじゅ
Posted by みっきー at 2011年07月09日 17:36
みっきー、コメントありがとう。

僕は、もうダルフールに戻ってきています。2日経ちましたが、僕が離れた時と全く状況が変わってないことに、大きなショックを受けました。事務的な処理を臨時で来ていた人達は、全く手を付けていなかったのです。

仕事が山のように溜まっています。

いったい彼らは何をやっていたのだろう。南スーダンのように情熱のあるところと違い、ここはなかなか良くならないと思うなぁ。
Posted by atsushi at 2011年07月15日 16:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。