2011年07月30日

転勤の決まり方

今日は金曜日で休日です。だから、事務所に行く必要はなく、ゲストハウスでのんびりとできる環境にありました。だから、今朝ローマにいる航空局の局長と直接電話で話をして、僕の今後についてどうなるのか聞こうと思っていました。

彼ら上層部のスケジュールは、メールで伝達されます。そのため、局長があと数日で夏休暇に入ることは知っていました。僕も、8月中旬から、夏休暇と育児休暇を併せて、1カ月半ほどの休暇を取ります。そのため、今日くらいしか話せる機会はないだろうと考え、朝、話がしたいとメールを打ちました。

すぐに返事が来て、「今ならいいよ」と返信があり、すぐに電話を掛けました。定年間際の60前後の方で、紳士で優しいと評判のおじさんです。僕も一度だけ会ったことのある人ですが、親身になって考えてくれる人です。そして、今の専らの関心ごとであるニアラの後の勤務地について聞いてみました。

すると、ローマに近日中に空くポストがひとつあるのだけど、君に来てもらおうと考えていると言われました。「おぉ、ローマ・ライフかぁ」と嬉しく思ったのと同時に、これはどのポストのことを言っているのだろうと思いました。なぜなら、ハルツームの同僚もローマに転勤するということが決まっていると知っていたし、同時に2人もスーダンから行くことになるのかぁと思ったからです。

そして、そのポストの具体的なことを聞いているうちに、それは、ハルツームの同僚がとるはずになっていたポストではないか、と感じてきました。なんでしょう、この不思議な感覚は。まぁ、とりあえず、ローマになれば嬉しいよ、と言って電話を切りました。

その1時間後、今度はハルツームの上司から電話がありました。転勤の話です。ハルツームに来ないか、という話です。ローマの局長が、彼に電話を掛けたのでしょう。少し慌てていた感じでした。ここでなんとなく、合点がいきました。ローマのそのポストは、まだ根回しが完全にできていない状況で、局長の耳にはまだ届いていなかったのでは、そして、ローマの今後空くポストは、僕ではなく、彼のためのポストではないか、と思いました。

こういう時は、慎重に動かないといけません。無闇に組織内に敵を作ってしまう可能性があります。こういう時は、動物的勘を働かせる必要があるし、僕にはそういう能力があります。

結論から言って、僕としては、ローマでもハルツームでも、家族と一緒に暮らせる環境があれば、どちらでもいいのです。それに、ハルツームのほうが今までの人脈も活かしたまま、さらに広げていけるだろうし、ニアラ以外のスーダンでの業務、全体を把握するうえで、まだまだ学ぶべきことが多くあります。他の国に転勤する前にしておかなくてはいけないことがある気がしていました。

結果的に、今日という一日で、これから1年先くらいの僕と僕の家族の道のりが決まったような気がしました。スーダンの生活はまだ続くことになるでしょう。そして、ここニアラにもまだ関係を持つことになりそうです。せっかくなら、もっとスーダンのことを知ってから、次に移ってもいいでしょう。

国連機関は、大きな仕事をしているようで、組織そのものは狭く、人間関係も閉鎖的なものです。内輪での根回しや、関係作りが重要であることは、言うまでもありません。

ハルツームはまともな都市です。砂漠で、暑く、過ごし易い所ではありませんが、外は普通に歩くことができるし、レストランやカフェなどもあります。ニアラよりかは、確実に生活の質は向上することでしょう。妻と赤ちゃんの海外デビューが、スーダンからなんて、なかなか面白いのではないでしょうか。
posted by atsushi at 00:49| Comment(0) | 国連職員としての日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。