2011年10月06日

尊敬する方の死

なでしこJAPANのワールド・カップ優勝時と同様、一般的に流れているニュースについてコメントするのは、安易にネタを拝借しているようで恐縮であるが、本日のニュースで、アップルの創始者スティーブ・ジョブス氏がこの世を去ったことを知った。帰宅後にテレビをつけ、BBCニュースを見るのが日課になっているが、この訃報を知り、衝撃を受け、テレビに見入ってしまった。

過去から現在に至るまで、多くの偉大な人物が存在し、私自身も崇拝している人物は幾人か存在する。そしてスティーブ・ジョブス氏は、私の尊敬する人物リストの中に入っている一人である。彼についての伝記や、書籍に関して目を通したことはない、ただ、何らかの偶然で、彼のスタンフォード大学でのスピーチをYouTubeで拝見して以来、尊敬する人物の一人となった。もちろん、その後は彼の人となりをインターネットで調べてみたりもしたが、YouTubeを通して拝聴したスピーチは、私にとって非常に衝撃的で、それが彼を知りたいと思ったきっかけである。

それ以前は、アップルの創始者であること以外、特段興味もなく、あまりよく知らなかったというのが正直なところだ。彼のアップルが作り上げた商品は、私も日常的に活用させてもらっているものであったが、それ以上でもそれ以下でもなかった。しかし、偶然に巡り合った、あのYouTubeの画像によって、一瞬にして魅了された。僕にとって、そういうことは頻繁に起こることではないし、それ以後もあの衝撃を上回る映像を見たことはない。彼の常に挑戦者である姿勢と、もの作りにおける情熱、そして人を引き付けるあの口調、いったいどこからきているのだろうか。

私は、今まで何度あの映像をYouTubeで見ているだろうか。当然お気に入りの映像として保存しているが、何度聞いても、活力が内からみなぎってくるのを自覚する。

天才とはあのような人のことを指すのではないだろうか。そして、優れたリーダーとは、彼のような人を指すのではないだろうか。前人未到、彼はそんな境地にたどり着きながらも、安楽することなく常に挑戦者であり続けた。万人に真似できるものでは到底なく、あっぱれ、というほかない。彼のような人生をなぞることはできないが、彼のような気持ちをもって、生きていきたいと常に思っている。

Stay Hungry Stay Foolish

このブログを読んでくれている方なら、見たこともあるだろうが、一応、その有名なスピーチのYouTube画像を紹介する。英語の映像であるが、英語が苦手であれば、おそらくこのスピーチ全文の訳文をネット上で探すことができると思う。彼は、間違いなく我々の世界観を変えた人物である。56歳という若さでこの世を去ったのは、残念で仕方がない。どうぞ、安らかにお眠り下さい。
posted by atsushi at 23:59| Comment(0) | 国際ニュースへのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。