2011年11月04日

イタリア事情

さて、ニアラの滞在も残り10日。ローマへの転勤が決まってから、いろんな準備を進めてきた。仕事上の人事手続を含む総務系の準備から、私個人の渡航準備、かなり多岐にわたる調査と調整がある。というのも、国連機関における転勤は、国境を跨ぎ国や地域が変わることが一般的であり、国内の移動とは比較にならないほど考えることが多いためだ。

以前の職場では、勤務期間7年間のうち5回転勤をしたが、その準備は1週間もあれば終えてしまい、宅配便をうまく利用することで、カバン一つの身軽さで次の勤務地に移動したものだ。パスポート、滞在許可書、査証手続、税関、などは全く考える必要がなく、今思えば楽だったなぁと感じる。

転勤とは、そういう面倒な身支度を乗り越えなければいけないが、基本的には好きである。なんだか、新しい生活が始まるというワクワク感と、行ったこともない土地に行くという行為が自分の冒険心をくすぐってくれる。それは、国内の移動でも同じだ。幹線道路がそこら中に張り巡らされ、大型ショッピングモールやフランチャイズ店が同じように並んでいる地方都市であっても、そこに住む人が違うのだ。そして、その人がその地域を作り、同じようでも同じにはならないのが、国内の転勤の面白いところだった。

話を少し戻して、現在はローマ行きの準備。これがなかなかイタリアというお国柄が分かってきて、時間が迫ってくるにつれ心配になってきている。どうも人の噂によると、イタリアはヨーロッパではなく、北アフリカに属するらしい。ヨーロッパだと思っていると、その政府機関の非効率さ、人々の不合理さに、心底幻滅するそうだ。ん〜、こう言われるとあんまりワクワクしないぞ!

日本人のようにEU加盟国でない国籍の者が、イタリアで働くとなると、それ用のビザが必要で、その事務手続きにはいったいどれほどの時間がかかるのか、参考程度に教えてもらっているものの、全くうまくいっていない。というか、うまくいっていないということが昨日遅くに判明した。

査証申請には、この様な流れがある。ローマのWFP本部から査証申請書類を、ローマにあるイタリア外務省に送ってもらう。そこから今度は、スーダンの首都ハルツームにあるイタリア大使館に連絡をしてもらう。申請者は写真やパスポートを含めた申請一式を最寄り(私の場合はハルツーム)の大使館に送る。そこから1週間ほどでビザが下りるという一連の流れだ。

さて私の場合は、1週間も前に、全ての書類をそろえて、大使館に送ったというのに、今日になってまだイタリアから連絡が来てないから、全く手続きが進んでいないというメールが送られてきた。見た時には目を疑った。

取り急ぎローマにサポートを頼んだが、全く連絡が来ない。ローマの今日って休日だったのだろうか。日本では文化の日だが、ローマも同じであるわけがないのだが…

国連職員が取得することになるビザ(D-mission Visaと呼ばれるもの)は、イタリア国内では取得することができない。そのため取得してからスーダンを出国しなければならない。本当ならば、11月9日が最初の出国予定であった。但し、このビザ取得に時間が予想以上にかかるかもしれないと考え、わざわざ1週間も余裕を見たのである。それが、どうやらそれでも雲行きが怪しくなってきた。

そしてさらに郵便物。日本の家族から、冬用衣類を郵便局のEMSで1箱12キロぐらいのものをローマの事務所に送ってもらった。その受け取りを頼まれてくれた職場の同僚は、郵便局からこのままでは配達できないという通達を受け取ったらしい。私物の衣類に関税がかかるのか、箱が重すぎるのか、まぁなんだかいろんな理由が考えられるらしいが、同僚に郵便局に行ってもらわなくてはいけない。

そしてもう一つ。私が活用している国際的な銀行がイタリアでは取引をやっていないという。世界で一番か二番目に大きい銀行だというのに、EU加盟国であり、先進国であろうイタリアでは営業をやっていないというのである。これは、非常に不便だ。スーダンでは我慢してきたが、次こそはもう少し自由に資産を動かせるようになるものだと勝手に期待していたのに、またいろんな新しい手続きが必要だ。おそらく、イタリアで銀行を開設することになるであろうが、そのためのIDだの余計な事務手続きが必要なのだろうなぁ。

あぁ面倒くさい。

イタリア、とても楽しみにしているが、腹の立つことも頻繁にあるのだろうと予想する。とあれば、別に15日に急いで出国しなくとも、ダラダラこのスーダンに残っていようか…
posted by atsushi at 05:15| Comment(0) | イタリア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。