2011年11月30日

本部の仕事というもの

赴任してから丸2週間が経過。分からないことはまだまだたくさんあるが、全くの無知ではない。フィールドと言われる地域事務所と、本部ローマの仕事内容はもちろん同じわけではないが、書類は見たことがあるものがほとんどだ。ただ、出来上がったものを手渡されるのがフィールドであり、それを精査してフィールドに渡せる状態を作り上げるのが本部である。

物事が動いているのは、ことが実際に行われるフィールド事務所。そういう点では、書類の動きを追っているだけが本部であるが、ここにいると世界中のオペレーションが見渡される。

エチオピアからメールが来て、業者契約についての話があったかと思うと、アフガニスタンの緊急支援の話をしている。そうかと思うと、ヨルダンにおける訓練企画について話し合う。WFPが介入している国や地域だけでなく、ヨーロッパの政治経済、国連事務局のあるニューヨークについての話も時折出てくる。とにかく、動きは自分の目では見えないが、情報はとても多く入ってくる。

そして、たくさんの人に会う。過去の業務で一緒になった人との再会は当然あり、そして友人の友人ということで、また新しい友人ができる。それぞれがそれぞれの仕事を抱え日々勤務しているなかで、課や部局を超えての連帯業務は、長の職に就いているもの以外は極めて少ないのが現実。ただ、それがそのまま壁になっているわけではない。ちょっとした出会いで、どんどん交流は開けていくのもまた現実だ。

2週間しかみていないから、まだ何とも言えないが、ここでやっている仕事はそれほど難しいわけではない。一般常識で解ける問題がほとんど。航空会社やブローカーを相手にして、オペレーションに見合う入札を行う。そこから一つを絞り、予算の執行をかけ、業務の運営計画を地域事務所と共有する。実際の運営はフィールドがやるのだから、こちらは法的に問題が出てこないように書類を固めていく。そういった一連の書類について、記憶しなくてはいけないことがあるがそれは手順であって、創造性や独創性を求めるものではない。

とにかく仕事はボチボチとやっていける感じがする。職員は、カフェでエスプレッソやカプチーノを飲みながら、ワイワイと語らい、楽しそうにしている。ほんとに仕事をやっているのだろうかと感じるが、同じ人がずっといるわけではないはずだから、それぞれ息抜きしながらやっているのだろう。自分のリズムをつかめたら、もっとここでの時間を有意義なものにできる気がする。

仕事だけではないということが分かる。というか、仕事以外のことが仕事に影響を及ぼす気がする。さて、情報戦の始まりである。将棋の駒は並べられたのだ。何をどう動かし、どれを突いていくかは、ここで得られる情報次第。
posted by atsushi at 06:47| Comment(0) | 国連職員としての日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。