2012年03月29日

転勤(官僚組織の人事制度)

WFPには、リアサインメントと呼ばれる転勤制度が存在する。というか、リアサインメントの日本語訳が配置転換という意味で、職員の移動による職務の変更をあらわしている。転勤における大きな取り組みが1年に2度あって、その中でも年末に空席が公表されるものが最大だ。

転勤のサイクルに当たる職員はそれぞれの希望に応募し、結果は今頃3月末あたりに発表される。実際の移動は、6月7月あたりまでずれ込む場合もあるので、国連機関らしく人事上の動きにはとても時間がかかる。まぁ、国境を跨ぐ移動を強いることになるので、これも仕方ないことなのかなぁともおもう。

正規職員は、その勤務地に応じて、ある程度決まったサイクルで勤務地を移動する。たとえば、勤務困難地はその任期を2年と定められており、本部ローマのような生活に全く支障のないところは4年とされ、その中間的なところは3年である。こういう官僚組織は、日本の公務員と同じだが、人事が一番の関心ごと。さまざまなゴシップや陰口が横行するのも、ポストや昇進等の人事に関することだ。

職員の移動は、何もこのリアサインメントに限ったことではない。それ以外の時期にも、空席は公表され、人は動いていく。もちろん規定の期間を終了しなくても、もっと早くに人が動く場合もあり、その逆で長くいることもある。世界の辺鄙なところで働けるのも、このようにローテーションで違うところに行くことができるからだと思う。ひとつのところにずっといなくてはいけない職場だと、外国から人は働きに来てくれないと思う。

以前の勤務地ダルフールも期間限定だからやれるのであって、永続的なものであればそもそもそこに入って行こうとも思わない。一喜一憂があり、一筋縄ではいかない人事の動きであるが、その存在意義は明確だ。紛争地、生活困難地、先進国、いろんな所を根無し草のように移動し、昇進し、経験をつんで、このような国連機関で力を発揮できる人材に育っていく。

とまぁ、制度の説明はこれくらいにして、この人の動きには非常に影なるものが付きまとっている。なんだか怪しい密室での話し合い、小さなグループでの会話が、物事を動かしている。組織上、一番上に立つ者が全ての権限を持っているのだが、物事はそこに行く前に大体決められて、後はサインをするだけという状態なのだろうと思う。まぁ、これは日本の官僚と政治家との間でも行われていることで、巨大な組織ではこれも相応の対応なのだろうと思う。

一般企業でもこういう動きはあるだろうから、人の介在する組織としては至極当然の現象なのかもしれない。そういってしまえば、国連機関も政府機関も一般企業もさほど違いはないのかもしれない。チャンスは平等にあっても、処遇は公平ではないのだろう。

組織の性格や仕組みをしっかりと認識して、自分なりの戦略を立てて、先を考えていくのが懸命な行いなのだろう。妬み、嫉みはこの世の中にはつきもの、人にひがまれても、自分がひがむことなく、平常心でいきたいものだ。幸せの基準は誰でもなく自分が決めるものだから。
posted by atsushi at 23:31| Comment(0) | 国連職員としての日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。