2012年04月23日

人道支援家たちの訓練

私は今イタリアのブリンディジという町に来ている。ここは、ながくつの形をしたイタリア半島のかかとにあたる部分で、ローマより南に位置している。この町に来てから10日ほど経つのだが、この出張の理由はとある訓練に参加することだった。昨日でその訓練を終え、今日はこの町のホテルでのんびりと過ごしている。訓練はかなり密度の濃いもので、12人一部屋の団体生活で総勢70人ほどが参加した。とにかく今は、訓練後の疲れと頭の整理をしているところ。明日からはまた別の会議に参加するため、とにかく休む必要がある。

さて今回参加した訓練の内容は、災害に対する緊急対応能力を養うものだった。訓練シナリオは、仮想国において災害が発生し、外国から多くの国際人道支援機関が現地入りし、それをどのように取りまとめていくか、という内容であった。ここでの視点は、WFPが災害時にリードを取る物流(ロジステックス)に焦点を当ててのものだ。どこに、どのような物資が必要かを精査し、誰がどのようにどれほどの量を運ぶのかを調整する訓練だった。国際NGO、国連機関、現地政府と協力しながら、そのシナリオに用意されている様々な事件を乗り越え、対応していくというもの。よく練られていた訓練シナリオで、とてもうまく構成されていた。

私は、訓練を受けるほうではなく、訓練をサポートする側にいて、訓練生に自分の専門分野である航空物流に関する知識や考え方を与えながら、シナリオを進めていく役割だった。実際には、訓練を受ける人の数よりも、訓練をサポートする人の数のほうが多く、そこからでも十分にいろんな知識をもらえるものであった。訓練生を通して、会議の進め方、様々な分野における調整の仕方、情報管理などを学んだ。チームは、WFPを含めたいろんな機関のスタッフで構成されていて、皆それぞれ物流を担当している職員だった。彼らは、素人ではなく、フィールドで5年以上の経験を持つ人たちなので、傍で見ていてとてもいい勉強になった。

ここではいろんなことを学び、そして考えることがあった。

人道支援というこの分野の活動、やはり欧米人がリードを取っている現場なのだとしみじみと感じた。参加者総勢70人ほどの中、私だけがアジア人だったという現状がそれを如実に語っているし、アジアのNGOも全くいなかった。日本も、JICAを先頭に人道支援で活躍しているが、人的貢献はまだまだ少なく、財政的支援が多いのだろう。また、このようなネットワークに日本の機関や職員が参加していないことに少し疎外感を覚えた。

おそらく物流分野だけではなく、総じて人道支援は、同じようなメンバーで回されているのだろうと思う。こういった人道支援家は、災害があれば、空を飛んで現地入りし、次々に緊急援助の必要な国を移動している。アフガニスタンにいたかと思えば、ハイチに行き、スマトラへ出向き、リビアに入る。根無し草のごとく、海外を転々としながら緊急援助の活動を続けている。だから、初めて訓練に参加するものばかりでも、数人は顔見知りが初めからいる状況のようだ。私自身は、この分野ではまだまだ駆け出しのため、ネットワークはそれほどなく、新しい顔ぶればかりだった。

そして、みんな議論がとにかくうまい。過去の事例を出しながら話に深みを持たせ、説得力がある。筋道の通った話の中にジョークを交え、笑いをもって人をあきさせることなく、理論的に話ができる。他の人の意見も集約させながら、自分の思いも混ぜるその話しぶりは、やるなぁという思いだ。もちろん英語でやっているから、英語圏の人がリードを取りやすいのだが、英語を第2言語としているような人も、流暢に議論できていた。

日本人があまり知らないこの国際人道支援という業界、そして、議論に重きを置くすすめかた、以前から分かっていたこの現状に改めて考えさせられるものがあった。今のままの日本人では、これらの業界でやっていくのは相当根性がないと、続かないだろう。日本の教育は、今世界基準で考えないといけない瀬戸際に来ている気がする。

とまぁ、日本のことを思いつつ、自分自身の能力向上に役に立ったので、この訓練に参加できて嬉しく思う。それに、いろんな新しい人に会えたことは、とにかく財産だ。この業界、広いようで狭いのだからまた再会することもあるだろう。
posted by atsushi at 22:12| Comment(0) | 国連職員としての日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。