2011年08月27日

新しい生命の誕生

昨日8月26日夕刻、わが一家に子供ができました。陣痛開始から概ね16時間にも及ぶ長きに亘る苦しみを乗り越え、妻が息子を産みました。産道を通るときに、子が通常とは逆方向へ回転してしまうという難産の一種であり、通常分娩よりはるかに強い痛みを伴うものだったらしく、もう少しのところで帝王切開に切り替わるところでした。

妻の頑張りと、助産師さんたちの懸命の努力で、陣痛促進剤の投与だけで、お腹を切ることなく出産してくれました。生命に替わるものはないため、無理となれば、すぐにでも手術に切り替える用意をしながらのお産でした。夜中2時ごろからの16時間は、痛みを我慢するにはとても長く、周りに就く助産師さんも、そして立ち会う僕自身も、かなりの疲れがありましたが、プロの仕事を垣間見、生命の強さを感じる貴重な時間でした。

赤ちゃんも、大変でした。長期にわたるお産のため、出てくる時にはかなり心拍数が弱っていて、危なかったと医師が後ほど言っておられました。でも、小さな弱々しい声をあげて、泣き始めました。妻も子供も両方元気です。

出産とは、こんなにも大変なものだとは知りませんでした。しかし、この機会を逃すことなく、立ち会うことができたのはとても良かった。あんな瞬間に、この世の全ての男性が立ち会うことができたのなら、この世の中は今よりもっと優しい人達でいっぱいになると思いました。

息子の名は、丈太郎(じょうたろう)。「丈夫で太き男たれ」という願いを込めて。そして、日本以外の土地では、Joeという覚えてもらいやすい愛称を持つことになるでしょう。

僕の仕事は、海外を動き回る仕事、彼が今後どのように生きていくのかは、我が家の今後の楽しみとなることでしょう。まぁ、とにかく二人が無事でよかった。

出てきた瞬間
IMG_0107.JPG

ちょっと落ち着きました(3時間後)。このあとすぐ寝ちゃいました。疲れたんだろうね。
IMG_0117.JPG
posted by atsushi at 10:43| Comment(0) | 家族について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。