2011年12月15日

日々の反省

なかなかブログの更新ができていない。毎日、このブログにアクセス下さる方がいる中で、一向に新しい話を提供できないのが、こういうものを始めてしまった者にかかるプレッシャーだ。全く話がないわけではないが、やはり新しい土地に来て、自分のペースがつかめないでいる。

さらには、2週間ほど前に日本から家族が合流している。3か月の赤ちゃんがいることだし、そちらに神経が向いているので、たかだか30分のブログ更新の時間も嬉しいことに難しい。

好きな人と過ごす時間は何をしていても楽しいし、一人でやっていく時間よりもはるかに充実している。一人の生活は悪くはないけど、特に海外生活において物事を人と共有できない状況は、孤独を感じるもの。それが家族といるだけで、ずいぶん守られた感じがする。あらためて、物事や思考を共有することの重要性を考えさせられる。

国連職員には、それなりの年齢になっても独身でいる方が実に多い。数年ごとに国を跨ぐ転勤があり、海外出張も多い中、さらにはキャリア志向なども重なり、家族という枠組みをなかなか持ちにくい(または持ちたくない)人が多く存在しているのだと思う。多言語を操り、国際情勢・国際政治を相手にしながら、それ相応のお給料をもらう中で、やはり国連職員というのは特殊な職業である。そのため、職員にはわけのわからぬ必要のないプライドが存在し、その人そのものを不思議な枠に収めている。

私の常に思っていることは、「普通の人」であり続けたいということである。「一目置かれる存在」という言葉があるが、そんな側面があったとしても、一般的な感性をもち、何人とも共有できる柔軟性を維持しておきたいと思っている。国際人として生きる、というテーマに沿ってブログを構成していても、特殊な人ではないむしろごく一般にありふれた普通の人がこうやって生きている、そして、海外に出て働いたり、生きていったりすることを普通に生きる道としてみんなに広げていきたいという思いがある。

しかし、そんなきれいごとばかりでないことも往々にあるのは事実。私にも、時折邪魔する要らないプライドが思考を硬直化させたり、ほぼ停止気味にさせたりしている。そんな時は、一人反省している。でも、自分でも気付かないところも多くあるに違いないと思う。

さて、話はかわって昨日で今年の仕事は終了。今日の午後には飛行機で日本へ帰国する。久しぶりの日本である。ゆっくり休んで、美味しいものをたくさん食べたい。
posted by atsushi at 16:10| Comment(0) | 方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

方向転換

つい2日前にブログで更新した、僕の今後の転勤先についてですが、いろんな人と話した結果スーダンのハルツームに行くことはやめにしました。

当初は、別にハルツームでも構わないし、誰かが既にしている根回しを壊しては、敵を作ってしまって、後々面倒だと思っていました。しかし、自分の気持ちの中で、どうもスッキリとしないところがあって、今ここニアラにいる上司に相談しました。すると、「ローマのトップがお前を推しているのなら、その中間層を無視してポストを獲得しにいかないとダメだ、今すぐローマに電話しろ」と、お叱りを受けました。

彼曰く、本部ローマは人と出会う場である。そこで人脈を築けば、後は、どこにでも移っていける。将来的に違う部署に行きたくても、人脈がそれを支援してくれる、と。

ということで、たった1日2日で、気分はすっかりローマとなりました。そして既に、それ相応の場所に鈴はつけておきました。ある説得要素を考えだしたので、それを材料に交渉しています。なんか、こういうこと好きなのですよねぇ、将棋を打っているみたいで。自分の人生を人生ゲームのボードに見立てて、俯瞰しているのでしょうか。

しかし、改めて、僕も人の良い日本人なのだなぁと感心しました。なんか、簡単に返事しちゃいましたから。

こういう組織です、政治的圧力や不公平はあるでしょう、でも、だから面白いというところもあります。この組織の政治的ダイナミックな部分を思う存分に楽しまなければいけませんね。空気をこちら側に持ってきて、自分がリードするくらいでないと。

さて、ここで大昔に学んだ「孫子の兵法」から、リーダーシップに関する言葉を二つばかり、自分への活を込めて記してみたいと思います。

「将 敵を料(はか)ること能(あた)わず」

敵について知ることができない将軍は無能である。

「彼を知りて己れを知れば百戦して殆(あや)うからず」

敵と自分についてよく知れば、百戦しても負けない。

うむむ、やる気が湧いてきました。
posted by atsushi at 05:27| Comment(2) | 方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

ブログの更新を控えていました

みなさん、こんにちは。ご無沙汰しております。猫と言っても、あまりにも更新しなかったため、読者の方々は既に離れていってしまったかもしれませんね。とても残念ですし、待っていてくださった方には申し訳ないという気持ちで一杯ですもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

最後の更新は、8月でしたから3ヶ月も経ってしまいましたねあせあせ(飛び散る汗)。現在は、パリでの語学研修を終了し、日本に帰国してきております。帰国してきてから、早いもので1ヶ月以上が経過しましたダッシュ(走り出すさま)

実は、以前東京で受けた国際機関からの面接は成功していたのです晴れ。返事をもらったのは、最後のブログの更新から数日後なのですが、この件を公にネットiモードで流しても良いのか迷っておりました。というのも、国連職員になるものは、雇用契約を結ぶ際に約束事をしなくてはいけないからです。それは、許可無しにネット等の公共の媒介物を使用して、個人で情報を発信してはならないというものです。

未だに大丈夫なのかよく分かりませんが、差し支えのない範囲で話そうと思います。まぁ、こんな細々とやっているブログに誰も見向きもしないかもしれないですが。。。

正規職員として雇用される時、これほどまでに採用に時間がかかるということ、想像以上でした。官僚的な機構なのである程度は予想していましたが、既に面接を受けてから4ヶ月近くが経過しています。いったい何をしているのでしょうか。審査の過程上で、過去の上司からの勤務評価表やら、健康診断やら、数多くの書類を提出してきました。しっかりとして組織なんだなぁと思う一方、いろんなルールがガチガチに決められているんだろうなぁという感想を持ちました人影

現在は、現地事務所からのビザ手続きの結果を待っています。それが通過したら、参照番号をもらい、それを持ってその国の大使館に行きビザを自分のパスポートに押してもらいます。国連職員用のレセパセがすぐにもらえるのかと思いましたが、先ずは自分のパスポートで入国するようです。赴任地は、ダルフールです。スーダンの西部であり、チャドとの国境に近い地域です。2003年に所謂ダルフール紛争が起き、多くの人が殺され、IDPになっている地域です。

赴任までおそらく、あと2週間程度です。その後、このブログを続けられるのかまだよく分かりません。出来れば続けていきたいと思いますし、そうでなくても違うものに変更していきたいと思います。もっと、実名を出し、オープンにして、様々な現地の状況、フィールで勤務する日本人国際機関職員を知ってもらいたいと思っています。そして、それがやはり同じようにしてこの世界を目指す方の参考になれば本望だと思っています。

面接の合格通知を受けてから、採用確定までかなりの時間を要しましたが、僕が職員になることは確定しましたし、赴任も数週間でしてしまうため、今回このブログを更新する決心をしました。

今後の方針等、しっかりと連絡します。そして、いつまでも読者の質問に答えられるような態勢をとっていきたいと思います。それでは、今日はこの辺で。今後ともよろしくお願いします犬犬
posted by atsushi at 21:29| Comment(3) | 方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

最後の1週間

IMG_1880.JPG

とうとう、来週一週間がインターンシップ最後の週となります。1ヶ月を過ぎたあたりで、2ヶ月は長いなぁふらふらと思っていたけど、こうやって振り返ってみるとあっという間でした。先週1週間は、月曜から水曜まで休暇を取ったこともあって、静かなものでした。あんまり活動はしてこなかったけど、来週1週間は何をするべきかの方針は固まりましたパンチパンチ

これまで、それなりにいろんな人に会って、そして顔と名前を覚えてもらい、自分の興味のあることを人に伝えてきました。これによって、人が人をつなげてくれて、本当に多くの方にこの2ヶ月で巡り会うことができました。その人達とこれからも繋がっていけるように、今一度連絡を取り、出来れば対面で話をする、これが来週1週間ですべきことですぴかぴか(新しい)

そして、これはある方からもらったアドバイスですが、インターンシップが終わっても、出来る限り連絡を取り続けること。そして、時間が許せば、このニューヨークまで足を運んで、また人に会うこと。そう教わりました。インターンシップをすれば、その後の6ヶ月間は仕事にありつくことは出来ません。でも、だからといってほったらかしにしていてはだめだということです。この6ヶ月間も頻繁にアプローチするべきなのです。話し相手の直接のポストを狙っていない限り、結構人は寛大にアドバイスをくれるそうです。そして、その度に自分の印象は強くなりますムード

国連には、Galaxyという公に開かれた求人情報がホームページに存在します。しかし、これは既に候補者が決まっている、言ってしまえば出来レース的な求人情報です。ほとんどが、公募をかけた時点で候補がいて、建前上作成しているものだそうです。まぁ、もちろん、それが全てではないでしょうけど、僕もここに来て人脈を形成することがいかにこの組織で働くために、大切なことかを見せつけられてきました。そうです、所詮人間なのです。やっぱり、知った相手には愛着を持つものです。だから、誰か分からない履歴書だけで判断する相手よりも、前にインターンでもボランティアでもいいから、顔の見たことある相手を受け入れるものなのです。そして、そこに熱意を感じていたならば、もうそれは、自分用に作られた出来レースになってくれるのですグッド(上向き矢印)

確かに、仕事が出来ることは大切です。それがあっての雇用と昇進だと思います。でも、同じように大切なことが、社会性です。どんな方法でもいい、自分を売り込んで、人脈を自分の力で引き寄せようという人は、次につなげていけるはずですひらめきひらめき

これから、インターンシップをする人は、少しずつ地盤を固めていって、ゆっくりと人脈を形成していって欲しいと思います。そうすれば、僕のように採用担当者にじかに話が出来たり、部署のトップの人と一緒にお茶やお昼ご飯を出来るようになります。そして、そんな時は、忘れずに自分の履歴書を忍ばせておくことです。別れ際、もしくは求められたら、いつでも渡せるように準備するのですプレゼント

履歴書の書き方、特に国連の書き方はかなり変わっています。しかし、それも人の教えを受けて、ここに来てから修正できます。どんな履歴書が喜ばれるのか、その部署で聞くのが一番いいのです。そうやって、また、新たな人脈を形成できますわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

さて、明日からの1週間は、それら全ての集大成です。したたかにやってやろうと思っています。結果の伴わない努力なんて、努力とはいえません。思い出だけで終わらせるなんて、もったいないことは出来ない。やるからには、目標を達成しないといけませんダッシュ(走り出すさま)

がんばりますexclamation×2exclamation×2exclamation×2

IMG_1919.JPG
posted by atsushi at 13:31| Comment(2) | 方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

はじめまして

初めまして、そして、明けましておめでとうございますわーい(嬉しい顔)

2009年元日に初ブログを開設したatsushiと言います。ブログの解説書を片手に、開設しましたが、まだまだ分からないことだらけです。でも、始めてみないと、やっぱり物事って動かないですよね。少しずつ勉強して、また、指摘を受けながら、より良いものにしていきたいと思います。

私は、あと9日間でニューヨークへ出発します。願いが叶って、国連のニューヨーク本部で2ヶ月間インターンシップをすることになりました。そこでの仕事は、まだはっきりとは分かっていませんが、フィールド(いわゆる紛争地域等)への後方支援となりそうです。自分の過去の経歴と繋がっており、非常に楽しみにしています。

そして、やはりなんといっても、ニューヨークですexclamation 自分自身、アメリカには、今までわざと避けてきた感じがありますが、やはり米国抜きでは、経済・政治・生活(ファッション、音楽、映画等の流行)は語れないと思います。現在32歳、オーストラリアで大学院に行きましたが、恥ずかしながらふらふら、ようやく、この結論に達しました。

今回が、始めての投稿ということになりますが、たくさん書きたいことがあります。しかし、少しずつ様々なテーマについてゆっくりと、情報発信していきたいと思います。多くの方からのコメントをお待ちしております。また、私自身も、いろんな方への相談を受けたりアドバイス等の貢献ができることを望んでいます。

posted by atsushi at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。