2009年01月29日

極寒のニューヨーク

朝起きてびっくり。外は、真っ白だった。いつも、起きてすぐにブラインドをあげる。すると、そこから、ビルとビルの隙間だけど、道路が見える。その間を見て、外の状況を確認している。今までで、一番積もったんだと思います。IMG_1817.JPG

6時半に起きて、1時間で朝ご飯を食べ用意して出掛けます。7時半に家を出た時には、既に何人かの人が外に出て、雪かきをしていました。どうして、こんなに早起きなんだろう。そして、白い粉を撒いています。その白い粉のおかげで、人は転けなくてすみます。でも、どうして、こんなことしてるんだろう。

誰のためにしているんでしょう。みんなのため?それとも、仕事だから?どっちにしても、エラいなぁって関心させられます。ニューヨーク、人はそれなりに助け合って生きています。なかなかいい街です。都会の殺伐としたところがないわけではないけど、イメージしていたよりずっといい街です。

話は変わって、今週から職場にスーツを着ていくのを辞めました。カジュアルでもちょっときれいめなパンツとジャケットを着て行っています。もちろん、シャツにネクタイはしています。インターンシップだから、事務所の人達からは、残念ながら僕の存在は軽んじてみられます。それなのに、ばっちりと決めていくのがバカバカしくなったからです。本当に残念だけど、職員はインターンと敢えて関わろうとは思っていません。ほとんど全てのインターンは、同じような愚痴をこぼします。

とはいえ、自分で進んでやってきました。受け入れないといけないね。でも、インターンに来ている仲間はいい奴が多い。昨日、僕は33歳になりました。仕事の帰り、バーで祝ってくれました。何歳になっても、こういうのは嬉しいものです。


posted by atsushi at 14:06| Comment(1) | ニューヨークの印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

ニューヨークに到着

僕は、今なぜだか、アパートの下でブログを更新しているがく〜(落胆した顔)。ネットで見つけた、インターンシップ仲間と一緒に部屋を共同使用するのだが、その彼が今不在だ。JFK空港から、怪しいタクシーに乗り、なんとかここに到着したものの、彼がいないから、部屋には入ることができない。

さっき、気の良さそうな黒人の女の人にアパートのロビーに入れてもらった。おかげで、ここにはストーブがあり、なかなか快適だ手(チョキ)。外だと、かなり危険だっただろう。大阪とそれほど気温は変わらない感じだ。寒いが、雪は降ってない。どうやら、この地区は圧倒的に黒人が多い。やはり、人種的な固まりで地区を形成しているようだ。

9日の夜7時に関空を出発、腕時計は日本時間で、午後の2時をさしたところで、ニューヨークのJFK空港に到着。だから、合計すると、19時間ほどの移動になる飛行機。いくら、多少の睡眠を機内で取れたとしても、やはりものすごく疲れた。ビジネスクラスは、快適そうだったなぁ、そして、いつかあっち側に座って、世界中を移動する仕事に就かなくては、と改めて感じた。

機内から見たマンハッタンの夜景、かなり衝撃的だった。こんなにも明るいのか、と。世界一の街なのだろう。どうでもいいけど、早くアパートの住人、帰ってこないかなぁ。このままでは、ここで寝ることにあるのだろうか。。。。夜夜夜

posted by atsushi at 18:10| Comment(0) | ニューヨークの印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。