2009年11月30日

カイロ経由

みなさま、こんばんは。僕は、今エジプトのカイロにいます。最後の更新から、10日が経ち、とうとう赴任地への移動を開始しました。エジプト航空を使って、カイロ経由スーダンの首都ハルツームへと入国します。関西国際空港から約15時間かけてここへやってきました飛行機そして、あと3時間後には次の飛行機です。

今まで何度も海外に出ましたが、こんなに快適な移動は初めてかもしれない。エコノミービジネスでは、疲労度に雲泥の差が出来ることが分かりました。そんなにグッスリと眠れたわけじゃないけど、全く疲れていません手(グー)しかも、ここはビジネスクラス以上の人に許されたラウンジです。そこからは、ワイヤレスでネットがつなげられる環境が出来ていますひらめき

やっぱりビジネスクラス、すごいなぁ。自分にはちょっと贅沢すぎるものかもしれないけど、今後の生活を考えれば、最後の至福の一時かもしれない。しっかり満喫しようと思います。

この航空券は、僕が勤務する機関の本部とは異なる所で予約されたものです。職員の移動を一手に担う事務所がどうやらインドにあるようで、そこで予約してもらいました。やることがこんなふうに国境をまたいで、GLOBALな作業でしたが、メールでのやり取りはいたってスムーズでした。ただ、時差や休日等が違うので、返信のタイムラグがあることだけが気にかかりましたメール

出発までの1週間は、とても忙しかったですあせあせ(飛び散る汗)当分帰って来られないのだから、忘れ物が無いようにメモを見ながら買い物等を進めていきました。現地はどれほど暑いのでしょうか。マラリア蚊はどれほどいるのでしょう。薬を普段飲みませんが、何か必要なものはあるのでしょうか。

まぁ、とにかく僕の国連職員としてのキャリアは今日で開始しました。関空から飛行機を乗った瞬間から仕事が始まっているのです。前の職場を辞めて、既に3年近くが経過し、とても久しぶりの仕事です。無職期間が長く、のんびりとした毎日を送ってきましたが、それも今日で終了です。新しい世界に踏み入れたのですグッド(上向き矢印)

もちろんここまで努力をしてきたけど、本当に国連職員になれたなんて、世の中悪くないものだなぁって思います。僕にとりわけ、他の人に抜きん出た実力があるとは思いません。ただ、運が良かった。お会いした人に恵まれていました。本当にたくさんの人に助けられました。

ありがとうございますわーい(嬉しい顔)

恩返しも込めてしっかり働きたいと思います。それでは、現地に着いたらまた更新します。

ドキドキですexclamation×2
posted by atsushi at 05:23| Comment(0) | 国際機関への採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

国際機関の採用手続き あ〜面倒!!

国際機関ビル全てがそうなのかまだよく分からないけど、一般的に言われているのが、事務手続きペンにかかる時間が半端ではないということ。かなりの時間がかかりますふらふら

実は、赴任直前の今でも、全ての手続は完了していません。勤務開始日が未だ決定していないのです。査証の手続予防接種だけではなくて、国際機関独自が発行するセキュリティー・クリアランスサーチ(調べる)を終了させないといけません。いったいどんな手続をしているのか、不明だけど、待つしか他ありません。つらいなぁ。もうパスポートには、ビザが貼られているというのにsoon

前回お約束したこと。
面接が合格になってから今までの経過についてのお話しをしようと思います。面接は、東京で受けました。それから、すぐにパリに飛んで語学勉強をしていましたが、ちょうど1ヶ月後くらいの8月中旬に本部から電話があったのです電話

パリで使っていた携帯電話に連絡があるなんて、ちょっとびっくりしたけど、実家に僕の電話番号を聞いて電話をしてきました。僕の母親が、しどろもどろのJapanese Englishで電話番号を教えたそうです。やるぅ〜目、そんなことできたんやぁって思いましたexclamation&question電話で話した相手も、大変やったやろうなぁと思いますあせあせ(飛び散る汗)

そして、電話口で、「他の就職活動をしていますか、まだ私たちと働く意志はありますか」って聞いてきました。そして、あなたにポストをとって欲しいと言ってきました。ちょっと、回りくどい言い方やったけど、嬉しかったなぁ。世の中、捨てたものじゃないって一人で感動し、部屋中飛び跳ねたのを覚えています。

それから約3ヶ月間、いろんな手続をしてきたけど、提出した書類は30種類くらいあるかもしれないー(長音記号1)

いろんな書類にサインしましたペンペン誓約書は、サインするだけで良かったけど、過去の所得証明なんかは、自分で訳して、結構大変でした。公務員やったから、普通の日本人でもわからない言葉があり、また、意味していることは分かっても英語で訳すとどういうのか、それは欧米の人達に分かる仕組みなのかということで時間のかかる作業でした本

そして、一番面倒だったのは、過去の職場の上司からの職務評価を集めることでした。書式は、本部から送られて来るものですが、当然英語で記入しなければならず、人に頼むのは、気が引けましたふらふら

しかも、辞めてから初めての連絡だったし、今まで良くしてくれた人への裏切りというような後ろめたい気持ちもあったため、非常に頼みにくいというのが正直な気持ちでした。合計3人からの職務評価が必要ですが、頼んだ皆さん、どなたも気持ちよく引き受けてくださって、とても嬉しかったです。中には、国際機関と一緒に勤務された方もいて、僕がそういう道に進んだことに感動してくれた方もいて、とても嬉しかったわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

ここまでで、電話連絡を受けてから既に1ヶ月半は経過していました。そして、予防接種病院が開始されたのです。全ての接種スケジュールを並べてみると、優に1ヶ月は必要だということが分かりました。そして、その間にも数多くの契約書が、本部とここ大阪の間を行き来しましたメール郵便代高くつきましたよ〜。大変ですたらーっ(汗)

給与を提示した契約書なんかは、本部の人事部長がサインしたものを受け取り、それにサインをし、それを向こう側が再度受け取りのサインをし、送ってきました。

当初の予定では、もう働いているはずでした。さすがに、連絡を受けてから4ヶ月も待たされるとは思ってもいなかった。早めにパリから引き上げて準備にあたったにもかかわらず、こんなダラダラとした日を過ごすとは。まぁ、こんなところでしょうか。それでは、いつもの日課のジョギングにでも行ってきまするんるん
posted by atsushi at 16:34| Comment(0) | 国際機関への採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

赴任最終段階

先日、スーダンの現地事務所から連絡があり、査証手続きが一部完了したという知らせをもらいました電話参照番号を教えてもらったので、それを持って東京の大使館にビザの申請をすれば、すんなりと1ヶ月のビザが発給されることになっています。ビザを取得すると、赴任許可が下りて、とうとう現地へ旅立つことになります飛行機飛行機飛行機

ここにおいて、今、一つ問題が生じていますexclamation×2それは、アフリカ北部滞在に対する予防接種病院の件です。今まででいったいいくつの注射を打ったでしょう。2度接種のものを含めると、10本くらいは打っているかもしれない。

そのなかで、ポリオ(小児まひ)を打ち逃しているのです。子供のとき2回接種しているから今回打たなくてもいいと思っていたのですが、現地へ赴任する職員は、WHOの基準で18歳以上の成人は、再度打ち直す必要があるみたいなのですがく〜(落胆した顔)しかも、抗体が出来るまで2、3週間かかりますふらふら

もう赴任出来ると思っていたのに、いきなりの足止めバッド(下向き矢印)まぁ、今更あせる必要はないけど、面倒やなぁって思っています。プー太郎の生活も結構快適だし、良いんやけどね無料

日本の予防接種における行政ってどうなのでしょうか。ワクチンには、生ワクチン(弱い病原体を入れる)と不活化ワクチン(死んだ病原体を入れる)の2種類があります。

この接種間隔に、日本は他国には無いほどの厳格な基準があります。(Wikipediaで「ワクチン」と打ち込むとそれらがでてきます。)それがあって、今回のポリオワクチンの接種を承知してくれるところを探すのに苦労しました。詳しくは書きませんが、日本の行政は、どうやら一つ一つの事例を検証することなく、一律○○みたいな感じで決めてしまっているので、融通が利かないようです雷

まぁ、それでも結果オーライで、明日接種してくれるところを見つけることができました。というわけで、その2週間後にあたる27日前後には現地入りしていいことになりますモータースポーツ

本当は、その抗体が出来る間隔を待って、赴任と思っていたのですが、先ほど本部の人事部職員と電話で話してみると、抗体が出来てなくても、移動は開始出来ると言われました遊園地まぁ、その通りです。でも、まさかそんなに早く行かなくてもって思いましたが、もうどっちでも良いです。彼らが、赴任のための飛行機の手配をしてくれるので、どうにでもしてくれって感じです。抗体が出来上がると同時に現地入りするのを、向こうは望んでいるようです目

どうしよう、そんなに期待されているのexclamation&questionexclamation&question

そんなわけないですよね。まぁ、忙しいのでしょうけど。

ビザの手続きは、赴任のために出発する時に東京を経由して、そこで2、3日滞在し、ビザを受け取り、そのまま飛び立つ段取りになるようです猫大丈夫かなぁ。ちゃんと上手くビザがおりてくれれば良いんだけど。

次の更新では、採用が決定されてからの主な事務手続きについて話します。いろんな方がこのブログ見ていてくれているみたいで、とても嬉しく思います揺れるハートわーい(嬉しい顔)頑張って続けていきたいと思います。だから、ちょっと更新しなかった3ヶ月あまりの期間をさかのぼろうと思います。ではでは夜
posted by atsushi at 00:44| Comment(3) | 国際機関への採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。